スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会いに行ってきた

鑑真和上展へ
県立美術館の鑑真和上展へ行ってきた。
教科書で見たことがある、鑑真和上坐像が素晴らしかった。
展示の仕方もいい雰囲気だったからだと思うけど、
本当に鑑真がそこに座っているように感じた。
教科書の写真では前面しか見ることができないので、横や後ろにまわって
じっくり見てきた。

そのほか印象的だったのが、東征伝絵巻。
鑑真が失敗を繰り返しながら来日しようとする姿を描いた絵巻で、
とても興味深かった。

唐招提寺金堂の解体修理の様子を写真で見ることができたのも貴重だった。
こういう仕事って、ものすごく誇りに思えるだろうなぁ。。

展示されている物それぞれ素晴らしいと思うけど、
私はいつも、それを実際に作った人のことを考えてしまう。
仏像を彫ったり、絵を描いたり、文字を書いたりしている人の手元が頭に浮かぶ。
それから、そんな人たちも仕事を終えて家に帰ると
それぞれ家族がいたんだろうな~とか思う。
当時の人たちはどんな毎日を送っていたんだろう...

Trackback

Trackback URL
http://izk.blog86.fc2.com/tb.php/514-8dc39784

Comment

たそがれ | URL | 2008.07.31 14:26
 唐招提寺は前にお参りしたのですが、工事中で全部は見られませんでした。
 最近完成したそうで改めてお参りしたいな…と思ったり…
 鑑真和上は来日の際苦労されたのですね。
kumi | URL | 2008.07.31 17:12
■たそがれさん

唐招提寺にも行きたいな、と思いました。
鑑真の時代、中国から国外へ出ることが禁じられていたそうです。
計画しても密告でバレてしまったり、
船を出しても嵐に巻き込まれて船が壊れてしまったり。
やっとの思いで来日した時には失明していたんですよね。
現代の人にはないようなエネルギーを感じます!
Comment Form
公開設定

プロフィール

kumi

Author:kumi
2012年のバレンタインデーに長男を出産。予想外の事が起こる毎日、大変なこともあるけど楽しく過ごしてます。大好きな映画や旅は一時お休み中。でも、写真は撮りますっ♪
2007年2月22日start☆

今までのブログ

■旅の写真を載せてます
旅写真

■旧旅ブログ
ちょっと旅に出てました

■映画のレビューも書いてます
*くみさんの映画レビュー*

ただ今 ・・・人目
最近の記事&コメント
カテゴリー
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
育ててます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。